イコンタ同盟

This is love.

6月

狂人セミイコンタで撮るのが楽しい。 蛇腹の展開も、ドレーカイル式距離計のピント合わせも、スーパーシックスで身に染み付いている。 と、思っていたら大失敗をした。 巻き上げノブの横に、シャッターチャージ可能になったら赤に切り替わる印がある。 それ…

531

イコンタ同盟に新たなカメラがやってきた。 Super Ikonta 531 何度か記事に登場している、インスタで知り合った友人から譲り受けた。 彼は、山梨に住んでいる狂人である。 「ロイさんに使ってもらった方がこのイコンタは幸せ」 その言葉に甘えて、いただいて…

写真と算数と奇跡

現在おもに使っているカメラ2台。 イコンタとライカ。 出来た写真を見るのももちろん好きだけど、それと同じくらい、もしかしたらそれ以上に撮るという行為自体が好きだ。 我々がフィルムカメラが好きな理由は一体何だろうと考えた。 フィルムの質感とか? …

装填準備

5cm F2 Summitar 俺にとって二つめのLeitzのレンズ このレンズのスペックや描写性能の情報は、ネットでいくらでも得られる。 どのサイトもどのブログにも、同じ言葉で同じ口調で違う文体で語られている。 Elmarとの違いを検証していくつもりはない。 明るい…

イコンタ同盟のライカとネッター

現在、金の亡者である俺は、がらくたカメラを売り飛ばしてゼニに変えようとしている。 ゼニ貯めてライカM2買うんや。 前の記事で、ライカ使っても良い写真は撮れないと書いた。結局は人の眼と腕だ、と。 そんで今日思った。 300円カメラで良い写真撮れないの…

さよなら、エフ

ニコンFとさよならすることにした。 欠点などない。 言うなれば完全無欠、必要にして十分、質実剛健。 少し重いが、その欠点なんかどうでもよくなるくらい、素晴らしい、世界最高のカメラである。 そのシャッター音は、官能的とすら言える。 普通、カメラの…

革命の朝

よう、元気か? 俺は元気だ。 元気か? まぁまぁだ。 春ってのは、まぁそんなもんだ。 この2ヶ月。 俺は奇跡に出会った。 今もたぶん、奇跡の中にいるのかも知れない。 人の想いや愛や手の温もりや可愛らしさや儚さや純粋さや健気さや涙や笑顔や強さに触れた…

SUPER YOUNG

去年のいつ頃からか。 NUMBER GIRLというバンドに出会い、大好きになった。 もうとっくに解散している。 彼らのライブ盤を買ってクルマを運転しながら聴きまくっている。 今日はブックオフで彼らのデビューアルバムをみつけた。 NUMBER GIRL解散後、フロント…

イコンタ同盟の企み

気がつけば、このブログを開設してからすでに一年が過ぎていた。 そもそも、「イコンタ同盟」とは何なのか。 この名称は、インスタグラムで親しくしていた方とのやりとりから生まれた言葉である。 俺の「イコンタ愛」、と言えば大袈裟だが、イコンタというカ…

イコンタ同盟の冬

インフルエンザが猛威を奮っている。 そんなもんに感染してる場合じゃない。 ライカとイコンタは、まったく違う趣きのカメラだが、どちらも好きだ。 ライカの機動力は素晴らしいし、イコンタは写真行為をしている気にさせる。 ライカのピント合わせはもちろ…

ご挨拶

明けましておめでとうございます。 ワタクシ、年男でございます。 イノシシです。猪突猛進、と言いたいところではございますが、なにせ、35歳です。はて、どうしたものか。 ふと、何やら新しい何かを始めたい感覚にさいなまれ、ギラギラとメラメラと心の奥底…

霧の国から

納車から1ヶ月経ち、走行距離も1000kmを超えた。 仕事に追われ、休日は仕事に犯され、食卓ですら仕事に汚された1ヶ月であった。 クソ。 もっと意欲的に効率的に仕事に向かえる脳ミソが欲しい、と一瞬だけ、少しだけ思った。 ほんの少しだけ。 ハッキリ言っ…

エルマーと夜

ライカで撮った夜。 久しぶりに夜の街へ。 ジャパニーズとモンゴリアンとアザーズ。 街でフィルムを3本調達して。 正直に言うと、あまり自信がない。 あの暗がりで、一体何が撮れたのか。 スローシャッターは調子が悪く、1/4以下は切れなかった。 レンズはエ…

Closing time

人間という生き物は、機械やモノに対して愛着や愛情や友情を抱くことがしばしばある。 これが何故かは分からないけれど、いつも身につけているモノや長い時間を共に過ごしたモノには、特にそうであるようだ。 もうすぐ納車だ、新型車だと浮かれている私だが…

Important

このブログのタイトルを「ジムニー同盟」にした方が良いのかも知れない。 うそ ディーラーからやっと連絡があった。 「11月のアタマには納車できます」 「ロイ様のジムニーは、10月末あたりに生産されます」 ほんとか?おい、ぬか喜びに終わらせんじゃねーぞ…

人間図鑑

以前、インスタでサラッと告知した11月のイベントに向けて準備をすすめている。 準備、といっても何かカメラやレンズを買い足したり、フィルムを爆買いしている訳ではない。 イメージトレーニングだ。 え カメラは、何を使うか。何で撮るか。 これは、写真を…

小さなこと

淡路島へ行ってきた。 これは、道の駅。 淡路島SAのでかい観覧車にも乗った。 20年以上振り。ちょっと怖かった。 結婚して5年、初めて知ったのだが、妻は高所恐怖症らしく本気で冷や汗をかいていた。 この日はスーパーシックスのみを持って行き、淡路の空と…

そろそろジムニー買わないか?

タイトルは、完全にパクリな上に、語呂が悪いことを許して欲しい。 ブログでは何度か書いただろうか? 俺の新型ジムニーはまだやって来ない。 (インスタでは散々ボヤいている) インスタで、納車された人の投稿を見ると本気で羨ましい。 「ほ〜、かっこいいな…

Nettar-イコンタ同盟の夏-

夏。 お盆も過ぎて、風も少し優しくなった。 ああ、夏とのサヨナラが近づいている。 どうやら、平成最後の夏らしい。 昭和から平成を跨いだことがあるが、記憶には残っていない。 「昭和っぽい」「昭和レトロ」なんて言葉が通用する人が少なくなる日も近い。…

「いい写真」

「いい写真だね」 ありがたいことに、この言葉を今まで何度かは言ってもらったことがある。 何かに例えたり、小難しい専門用語や四字熟語を使った言葉よりも、そんなシンプルな褒め言葉が、一番、嬉しい。

眼球譚

なぜ、モノクロフィルムで撮るのか。 そもそも、なぜフィルムで撮るのか。 始まりは、ふとしたきっかけだったと思う。 物事や事物の理由や意味を突き詰めていくと、今、自分が生きているということ、存在しているということにすら疑問を持たずにはいられない…

時代を挑発

HEXANONがやってきた。

中古カメラのジャンクコーナーを物色していたら 発見 HEXANON 48mm F2 おー、コニカSⅡ なんとタイミング良く見つかるもんだ! 実は、新たなカメラを検討していた。 一眼レフは重いしデカイのでFさえあればもう十分。もういらない。 バルナックライカはとても…

そんな彼女は透明少女

インディーズやアングラ音楽を、必死で情報を探していた頃が懐かしい。 ごく少数の仲間だけで盛り上がっていた。 音楽の情報はマニアックな雑誌やCD屋さんで収集。 NUMBER GIRLは、インターネット前夜の時代のバンド。 「自力を信じてやってきた。」と最後の…

クルマとライカ

私ごとではあるけど、この度、クルマを買い換えることにした。 新型ジムニー、JB64型である。 2年程前にジムニーに興味を持ち、現在の愛車にガタが来たところで新型の登場。 今しかない。 カミさんには、以前からジムニー欲しいジムニー欲しいと言っていたの…

危機の存在

7月7日、織姫と彦星は出会えただろうか。 大雨が続いたが、雲の上では関係のないことだろうか。 避難指示が出たため、カミさんの実家に避難した。 が、その地域にも避難指示が出た。 はて。 近所の小学校や自治会館に避難した人達は、それほど多くなかったら…

老害

昔の苦労話をやたらしたがる年寄りほどメンドクサイし、全然ありがたくないし勉強にもならん。 このオッサンは、若者にとってのカメラは、所詮ファッションでしかないと思ってるらしく、とてもかわいそう。 少なくとも俺はそういうつもりでやってないが、こ…

カメラ

お題「カメラ」 お題スロットにて。 カメラは、自分にとって「表現の道具」ではない。 つまり私は、表現者ではない。 「撮るための道具」 フィルムカメラを買って今日まで、何枚の写真を撮って、何本のフィルムを消費したのか分からない。 おそらく、たいし…

ファインダー

今週のお題「あの人へラブレター」 私は既婚者でもあるし、普通ならば、妻に対しての想いや思い出を書くのだろうが、やめておこう。 恥ずかしいとかではない。 いくらネット上で愛を叫ぼうが、本人に伝わらなければ意味はないし、意味不明だ。 中学3年のとき…

KYOTO GRAPHIE 2018

縁あって、京都国際写真祭のフリーパスを手に入れた。 休日には京都市内15の各会場に、カメラを持った若者達がたくさんいた。 私も、ライカⅢaとエルマーでぶらぶら。 フィルムはアクロス。 展示物を撮るのではない。展示物を見てる人を撮る。または街中の喧…