イコンタ同盟

This is love.

CANADA BLACK

 

f:id:ikonta_doumei:20190920114457j:image

 

 

 

f:id:ikonta_doumei:20190920114635j:image

 

 

 

f:id:ikonta_doumei:20190920114550j:image

 

黒いボディに白文字が最高にカッコイイ。

 

初のM型ライカは、M4-2にした。

f:id:ikonta_doumei:20190920114844j:image

CANADA

 

あまり知らない人からすると、

お、ライカか〜。

 

知ってる人からすると、あぁ、M4-2ね。

 

もっと知ってる人からすると、おお、M4-2か!

 

なぜM4-2にしたかというと、まぁ色々あるんだが。

ここで、ブログにありがちな、お決まりの、個人的思考回路を解説する。

簡単にいこう。

 

・M型の見やすいファインダー

・35mm枠(28mmは不要)

・ブラックペイント

・露出計はいらん

 

ざっとこんなモンだ。

 

その他にも

・ライカ通やライカじじいどもが鼻で笑い酷評する不人気機種

 

そう、これ。

ドイツのウェッツラーで作られたものこそライカ!という意見。

 

なんだ?オマエはライツの社員か?職人か??あ?

 

中古商品をお買い上げしただけの何万という客の一人だ。

ライツ及びライカには1ユーロも1マルクも貢献してない。

ばーーーーーーーーーーーか

 

 

まぁ、今のはほんの冗談で本音だ。

 

俺はライカ通やライカじじいやクラシックカメラマニアやSNS老害高齢者どもをぶっ殺すために、死神ライカを手に眼球の奥で密かに高らかに中指を立てている。

震えて待ってろ。俺は死神だ。

 

 

消極的選択ではなく、積極的選択によるものだ。

 

 

ブラックペイントのカメラはやっぱりカッコいい。

 

 

あともうひとつ。

 

M型ライカをどれにするか考えるにあたり、かなり調べた。

 

その中で5ちゃんねる速報の民による書き込みにかなり勇気をもらった。ゆるい書き込みの中に、熱さが見え隠れした。

5ちゃん民たちにM4-2を買ったことを報告したいくらいだ。

ありがとう。

 

それから、にゃんぶろさん。

イカM4-P購入の記事。

M4-Pムチャクチャかっこいい。

 

そして、山梨の狂人とりおたさん。

いつもありがとう。

 

 

 

すぐさま、エルマーを売って、コシナのMマウント35mmを買おうかと思った。

カラースコパーとか、必要にして十分。たぶん。安いし。

 

しかしだね、M4-2を触ったりファインダーを覗いて気づいた。

50mm枠が、やっぱり見やすい。

 

てことで、次はLMリングを買うのだ。

 

ライカを買った。

 

前の前の記事。

「俺はライカを買う。」

という言葉で文章を終えた。

 

 

 

 

20年後の夏の終わりに、俺は思い出すのか。

 

このライカは、たしか、36歳になった9月に買ったんだったな。20年前か。

 

 

 

 

 

オーケー オーケー。

すべては計画通り。

 

 

 

M型ライカを買った。

まだ手元にはない。

 

 

山梨の狂人から、画像と共に一通のDMが。

 

「整備済みらしいです」

f:id:ikonta_doumei:20190918203859j:image

 

ヤフオクに、「これは」と思うものが出ていれば俺に知らせてくれる。

 

それは、後塗りブラックのM3だった。

 

カッコいい、、

メチャメチャかっこいいぞ。

 

欲しい。絶対欲しい!

 

 

将来的に35mmレンズを使うことなんざ、一気にアタマから吹っ飛んで、数分で入札することを決めた。

 

自動入札システムとやらを使い、自分で払えるであろう限界の値を入れた。

 

が、あっさりと高値更新された。

落札できなかった。

 

まー、そうかそうか。そういうことか。

仕方ない。あきらめよう。いや、とっくにあきらめは着いていた。落ち込むことはない。

こうなることは、最初から分かっていた。

 

 

 

この後塗りブラックM3に入札したことで、俺に勇気と度胸、覚悟=勢い がついた。

狂人に感謝。

 

よし、そうだ。やはりアレか。あれしかないんだな。

 

 

よし。いくか。

 

俺は別のライカに入札した。ずっと狙っていた。

 

落札した。

取り引き連絡があり、すぐさま入金。

 

 

 

 

 

 

 

明日、届く。仕事終わりにコンビニに寄り、受け取る。

今から24時間以内に、クルマの中で箱を開け、手に取るはずだ。

 

f:id:ikonta_doumei:20190918205112p:image

まぁ、カネはないが、どうにかなる。

というか、すべては計画通りなのだ。

 

このために、クレジットカードを作った。

 

支払日は11月だ。(たぶん)

それまでにゼニを貯めるなり作るなりすればいいだけの話さ。

 

こんなのがある。

f:id:ikonta_doumei:20190918232722j:image

これは、抽選によるものだが、チャンスはゼロではない。

仮に、10万円の買い物をしたら6万円がキャッシュバックされる。

 

そんなうまい話がある訳ないとお思いでしょうが、バットを振らにゃ、当たるモンも当たらん訳でございやして。ええ、そのためにバッターボックスに立つんでございます。

空振り三振しても、死にゃあしませんよ。

金は天下の回り物、墓まで持ってっても、あの世で使えるか分かったもんじゃござぁせんぜ。

ねぇダンナ!

 

 

 

あ? 全然良い例えになっていない。

f:id:ikonta_doumei:20190918233104j:image

こんなのもある。

これは、利用総額から換算するらしい。全員に。

うまい話はあるもんだ。

 

こんなキャンペーンに期待している訳ではござらんぜ。

真面目に働いて、節約するのである。

 

すべては計画通りだ。

 

 

このブログで、M型ライカについてずっと言ってきた。

 

シリアルナンバーが、何番台のライカならば良い写真が撮れるのか。

 

レアなカメラを所有したい、使いたいという気持ちは、正直に言うとある。

金さえあれば、買う。

 

が、現実は、ない。

と同時に、どのカメラでも良い写真が撮れるという事実もある。

 

ならば、なぜ、ライカなのか。

 

 

 

俺はブレッソンになりたい。

木村伊兵衛になりたい。

ロバート・フランクになりたい。

荒木経惟になりたいのだ。

 

 

LEICA M4-2

 

 

俺は黒いライカにした。

 

 

 

 

 

2039

9月1日は防災の日らしい。

 

では、9月2日は?

 

俺の誕生日だ。覚えておけ。

 

 

 

36歳になる。

10年前の今日、今の俺を想像できたか。

20年前の今日、今の俺を想像できたか。

 

そして、20年後の今日のことを俺は想像できない。

 

20年後は56歳だ。

 

56歳の俺よ、20年間なにをしていた?

 

真面目にバカみたいに仕事してんのか。20年間、何を見てきた?

20年間、何を思って生きてきた?

20年間、何を撮ってきた?

20年前に買ったライカをまだ使っているか?(願望)

フィルムの値段はどれくらいだ?

2039年サッカー日本代表は誰だ?本田圭佑の息子か?

 

世界はどうなっている?

テクノロジーの進化は人類を幸せにできているか?火星移住計画は進んでいるのか?

コンバースのレザーハイカットはまだ製造されているか?

iPhone4Xはあるか?

まだ世界各地で戦争・紛争はあるのか?

新たな国ができたか?滅亡した国は?

2018年に買ったジムニーにまだ乗っているか?

電気で動くジムニーはあるか?

電気自動車は普及したか?

交通網はどうなった?配送業は?どんな音楽が流れている?

 

スパークル

スパークル

夢灯籠

夢灯籠

なんでもないや

なんでもないや

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

 

こんな音楽をまだ覚えているか?

 

相変わらず、猫が好きか?

 

f:id:ikonta_doumei:20190901211347j:image

 

そしてなにより、幸せに平和に暮らしているか?

 

想像もつかない未来がやってくる。

 

俺はひねくれているから、今まで出会ったすべての人に感謝なんかしない。

 

 

 

 

 

 

 

けど、こっそり言うよ。

 

ありがとう。

 

 

 

Apple PayとLeica

 

よう、久しぶりだな。

カネの亡者、ロイだ。

 

イカを売ることにした。ズミタールも売る。

 

カネが欲しい。それだけだ。

 

今さらバルナック型ライカの思い出も思い入れも語らない。感傷的になって、本当は手離したくない、なんぞ書くなら、ハナから売らなきゃいいんだ。

 

もう、さよならするんだ。

 

だが、これだけは言いたい。

 

オスカー・バルナックよ、ありがとう。

もし彼がライカというカメラを作らなければ。

 

世界は今より少しだけ違っていたかも知れない。

 

当然M型ライカも生まれなかっただろう。

 

世界の、日本の、名だたる写真家も生まれていなかっただろう。

 

その、ライカの始祖。

 

さよならだ。悔いはない。寂しさもない。

希望と野望だけが光る。

 

カネに余裕のある奴はライカを買え。

高級腕時計のように見せびらかしてやればいい。ライカは資産価値もそこそこある。カネに困ったら売ればいい。

 

一時は高価な腕時計や機械式時計に憧れていたが、今の俺には不必要であることがわかった。

 

G-SHOCKで十分だ。

 

貧乏人ほど高価なモノを欲しがるもんだ。

 

徹底的な断捨離をすすめている。

何年も前に買った腐りかけのジーパンも売った。もちろん、欲しいから買ったものだがね。穿かないのならば用はない。

 

以前、人生にはアソビが必要だと書いた。

だが、多すぎても良くない。

 

は?

 

結局ムダになるのなら、やはりそれは最初からムダでしかない。

 

話は超逸れるが、

 

キャッシュレス決済はオススメだ。

会計のスピードは一瞬、時間のムダが減る。

お得なキャンペーンがあったり、ポイント還元もある。

貯まったポイントは、お金としてチャージして使える。

俺は主にApple Pay、QUICPayau Payを使っている。

スマホ決済不可なところでは、au  walletプリペイドカードを使っている。

銀行口座と紐つけて、ネット上でチャージできるし、ウェブ上での決済もできる。その際にもポイントが還元される。

現金しか受け付けない、なんて店は、俺は受け付けない。

 

PayPayも昨日登録した。

キャンペーン中で、チャージすれば、さらに数百円が還元される。

たかが数百円だが、その数百円をタダでくれるのなら、俺は遠慮なくもらう。

楽天ペイ、LINE Pay、メルペイなんてのもある。

 

登録がめんどくさいとか、仕組みが分からないとか言ってる人。

損をしている、とは言わないが、もったいないぞ。

ググレカスとだけ言っておこう。

今、手に持っているのは何だ?

iPhoneか?Android端末か?

YouTubeの動画なんか見ても時間を消費するだけだ。自分にとって有益な情報を手に入れろ。

 

登録なんか、数分で終わる。

 

スマホ決済する

 

ポイント貯まる

 

ポイントをチャージする

 

その残高でまた買い物する。

 

 

ほんの極少額〜数百円だが、

買い物するたびに、勝手にカネが貯まっている、とでも言えばいいか?

 

現金持たないから、使いすぎてしまいそうとか言ってる奴はな、違うぞオイ。

てめー次第だろ。

 

ゼニの管理をするアプリだってある。

無料だ。使えるもんは使え。

 

という訳で、俺は財布を持ち歩かないことにした。

現金も持たない。カードだけ持ち歩くことにした。

免許証

上記のプリペイドカード

クレジットカード

 

現金が必要な場合があるかも知れんので、銀行のキャッシュカードは必要。

と言いたいところだが、スマホに口座を認証しておけば、カードなしでATMから出金することができる。

現金を使わないので、お釣りとして小銭も発生しない。

 

どうだ、スマートだろ?あ?

 

 

ブランド財布と現金を見せびらかす時代はもうすぐ終わる。

 

財布とカネの代替はiPhoneでできるようになった。

 

では、ライカはどうだ?

イカレンズを搭載したスマホを見せびらかすのか?

 

どんなに時代が変わり人々の生活が変わろうともライカに替わるものなど存在しない。

 

俺はライカを買う。

 

 

6月

狂人セミイコンタで撮るのが楽しい。

 

蛇腹の展開も、ドレーカイル式距離計のピント合わせも、スーパーシックスで身に染み付いている。

 

と、思っていたら大失敗をした。

 

巻き上げノブの横に、シャッターチャージ可能になったら赤に切り替わる印がある。

 

それで巻き上げを止めて撮っていた。

現像してビックリ。

すべて二重露光していた。

f:id:ikonta_doumei:20190610221133j:image

赤窓を見て巻き上げるのが基本なのに、こんな大事な初歩的なことを疎かにしていた。

こんな調子で2本を気持ちよく撮ったものだから、当然2本とも二重露光している。

 

なんてこった。

 

しかしまぁ、撮ってすぐに現像して気づいて良かった。

 

最近のイコンタ同盟は、どうやら目指すゴールはまだ分からんが、とりあえず進む方向だけは決めた。

 

撮る、現像、撮る、現像

の繰り返し。

 

プリントは、イコンタで100本撮ったら集中してとりかかる。

 

100本???

 

いや、50本にしとこうか?

は?

 

f:id:ikonta_doumei:20190610221728j:image

この本をすすめられ、読んでいる。

とても勇気が湧く。

自分が信じてきたことが間違っていなかったんだと確信した。嬉しかった。

 

「写真」という言葉が意味するもの。

真実を写す、と書くけれど。

それは誤訳であるとも言われている。

 

たしかに、誤訳かも知れない。

けれど、撮る人と撮られる人の間で交わされる無言や多言の心のやりとりも写る。

撮影者の心も被写体の心に反射して写るはずだ。

それは、「真実」と言っても間違いではなかろう。

 

f:id:ikonta_doumei:20190610222733p:image

国産のモノクロフィルムも復活する。感謝。

 

俺が所有するカメラは、どれも古い。

なぜそんな古いカメラばかりを選ぶのか。

理由は自分でもよく分からないが、ひとつだけ分かるのは、カッコイイから。

 

カッコイイと思う理由なんて分かる訳もなく、恋の相手のどこが好きなのかを聞くくらい野暮である。

 

まぁいいや。

 

この古いカメラで一体何を撮るのか。

それが問題。

 

ではない。

 

何を撮ってもいいに決まっている。

 

俺が選んだ被写体。それが写った写真がつまらないと感じる人もいるだろう。

 

自分でも、なんでこんなもん撮ったんだと思うこともあるのだから、それが普通だと思う。

 

三者に評価され意見を聞くことは、とてもいいことだが。

 

しかし、第三者ごときに一体何が分かるというのか。

 

それぞれのカメラやレンズにふさわしい被写体など、定める必要はない。

そんなものは、ない。

 

でも古いカメラや古いレンズで、古いものしか写せない若しくは写さないのだとしたら、それは変な話だ。

 

雰囲気のある写真とは一体、何だろうか。

 

 

 

被写体をど真ん中に持ってきて、正々堂々とシャッターを切ればよろしい。

 

謎々観念自己表出芸術もどき写真よりも、素直に撮ったあなたの写真の方が、よっぽどゲージュツしているのだ。

とは、日沖氏の言葉。

若きアラーキーも言っていた。

 

 

かなり久しぶりにカラーで撮ってみた。

 

現像、プリントできたら、また掲載したい。

 

 

531

イコンタ同盟に新たなカメラがやってきた。

Super Ikonta 531

 

何度か記事に登場している、インスタで知り合った友人から譲り受けた。

 

彼は、山梨に住んでいる狂人である。

 

「ロイさんに使ってもらった方がこのイコンタは幸せ」

 

その言葉に甘えて、いただいてしまった。

 

f:id:ikonta_doumei:20190531204736j:image

Tessar 7cm F3.5

 

開放f値が3.5

これを凡レンズだと言う人はいないと思うが、いるとしたら暗がりでばかり撮影する人か、明るければ明るいほど良いレンズだと思っているボケた難解な写真を撮りたがる方々であろう。

 

写真は引き算だなんて言う人は、分かっていない。

 

引き算でも足し算でもなけりゃ、かけ算でもわり算でもない。

意味深哲学風写真なんぞ、芸術でも表現でもない。

下手くそ。

 

 

 

写真は写真でしかない。

 

 

まぁいいや。

 

ボディの整備が行き届いていれば、8分の1秒でも難なく切ることができる。

狂人イコンタは全速、当たり前のように切れる。

ちょっとくらいブレててもいいじゃない。

 

このイコンタは完璧。

 

スーパーシックスと共に、俺の眼と共に、たくさんの人や景色を見ることになるのだろう。

 

イカと一緒に持ち出したくなる。

中判フィルムで16枚撮影可能。

 

こんなに素晴らしいカメラ、買おうと思えばそれなりの出費がいる。

 

それを無償で譲ってくれた狂人。

やはり、どこかおかしな人だ。

 

 

531で撮っていて思うのは、やはり非常に軽快に撮れるということ。

ファインダーも見やすい。

気軽にシャッターを切る。

スーパーシックスであれば11枚しか撮れない。

5枚の差だが、これが大きい。

 

f:id:ikonta_doumei:20190601112435j:image

 

 

カメラをコレクションする趣味は持っていないが、「イコンタ同盟」という言葉が引き寄せた縁だと思っている。

 

世の中には「ライカ使い」と呼ばれる人達がいるが

 

ボディは○○、レンズは・・・で、絞り***シャッタースピード###

 

「ライカ使い」には、こういう説明をしないと自分の写真に自信が持てない人が多いようだ。

 

自分が撮っているものにすら興味がない奴らの撮影データにはあまり興味がない。

レンズについての考察もそうだ。

考えるよりも、写真を楽しめばいい。

 

 

ということで、真の「イコンタ使い」なんて称号を目指す訳などなく、変わらずマイペースで撮っていく。

 

531で2本撮って、現像しよう。

プリントは今のところ挫折という名の休憩中である。6×6ネガキャリアがないことを言い訳にしている。

言い訳できないように、自作しようと思っている。どうにかなるだろう。

 

良いのが焼けたら、山梨で平和に暮らす狂人に送りつけてやる。

 

先日、ズミタールを入手したばかりで誠に惜しいのだが、しばらくは空も緑も猫も中判でのみ撮ろうと思う。

 

 

6月1日は、写真の日らしい。

写真と算数と奇跡

現在おもに使っているカメラ2台。

イコンタとライカ

 

出来た写真を見るのももちろん好きだけど、それと同じくらい、もしかしたらそれ以上に撮るという行為自体が好きだ。

 

我々がフィルムカメラが好きな理由は一体何だろうと考えた。

 

フィルムの質感とか?

 

正直に言うと、俺には、その差はよく分からない。なんとなくくらいしか。

 

装填も巻き上げも巻き戻しも、手間がかかる。

そんな手動所作が楽しいのか?

 

もう当たり前すぎて、感動しなくなったが。

 

 

ひとつ。

フィルムカメラは、加速度的現代生活において、心の安らぎではなかろうか。

もちろんそれは、一部の人間にとって、だ。

 

アナログレコードと同じように、一部の人間にとっては、それが生活の中に当たり前に存在するモノなのだろう。

当たり前に自然にあり、それでいてそれがすでに時代に沿っていない、過去のモノだということを知っている。

 

せかせかせず、密かな小さな喜びを一人占めしたり誰かと共に楽しんだりする。

 

最新のデジタル技術を何の疑いも感動もなく受け入れられるのに、フィルムカメラで撮って、普通に写っているだけで、「おお〜」と驚き、感動する。

 

Wi-fiだ5Gだリアルタイムだ共有だAIだ

 

 

にゃんだソレ

 

f:id:ikonta_doumei:20190524105840j:image

 

猫を見ていると、そんなの、なんだかどうでもよくなる。

 

と思いつつ、シャッターをパチンと切る。

これが日々の小さな喜び。

 

そんな小さな喜びを生む行為が、現像されて、一枚の思い出になる。

 

素敵なことだと思う。

 

 

 

f:id:ikonta_doumei:20190523233442j:image 

 

 

新たに入手したズミタールは、とてもいいレンズだ。まだプリントしてないけど、もう分かっている。

解放f値2.0という安心感。それ故に、ものすごいハイペースで撮っている。

 

 

プリントしてないのに、撮れた だの、いいレンズだの、おかしなことを言っている。

 

プリントしなくてももう分かっている。

分かりきっている。

なぜなら、撮ったのは俺だから。

 

みんな、自分が撮った写真を、もっと好きになっていいはずだ、と、友人に偉そうに語った。

 

好きなものを撮ったのだから、そんなの当たり前だ。

 

勉強して計算して撮った写真は美しい。でも、それが思い出に残るかどうかは別だ。

合格点が欲しくてシャッターを切っているんじゃない。

 

構図もなにもかもメチャクチャでいい。

まぐれでもいい。

カメラ雑誌で得た知識なんて、捨ててしまえばいい。解像度や数字が優れていたとして、だから一体何だというのだ。そんなのどうでもいい。写真は算数じゃない。

俺らは数字なんかじゃ到底計れないものを撮っているのではなかったか。

 

 

 

思いや、思い出は、いつも心にある。

写真にすることで、思い出をカタチとして手に取ることができる。写真を撮った人と、撮られた人の思い出になる。

写っているのは、俺自身であり、あなた自身だ。

きっとそうだ。

f:id:ikonta_doumei:20190524111251j:image

 

なんて、ぼんやりと。